受験生と保護者の「第一志望こだわり」体験!

勉強を続けるということほど難しいことはないし、また、大切なことはない。

四年生の時に入塾したぼくは、六年生になった時、第一志望校に合格するためには、今の勉強量じゃ足りないと思った。日曜日の最難関特訓では、予想をはるかに超えた難しさの問題に出会ったし、通常授業のスピードも、五年生に比べれば数段速くなったと思った。また、成基学園の各教室の人とふれあう機会が多くなり、自分より成績のいい人と出会うと、つい自分と比べてしまって落ちこむこともあった。
だから、がんばって授業にもついていこうと思った。自習もできるだけするようになった。今まであまりしていなかった「やり直し」ということもするようになった。
しかし、だんだん日曜進学教室の成績が落ちてきた。五年生の時よりはましだが、国語はひどかった。授業でも演習の時に点数が悪くて、休み時間の間ずっと泣いていたこともあり辛かった。得意だった算数と理科も成績が落ち込んで、ぼくは悩んだ。算数の成績が落ちたのは特にショックだった。今までの成績は、算数だけで支えられていたようなものだったからだ。算数までもが抜けたら、第一志望校の東大寺学園中学校に、合格できる成績にたどりつくはずがないと思い、不安になった。

ぼくの教室には、Ⅰ先生という算数の先生がいた。Ⅰ先生はぼくのことを全て知っているかのごとく、ぼくの弱点を細かく注意してくれた。成績までもが落ちてきていることで元気がないと、いつも励ましてくれていたような気がする。受験当日にも来てくれて、ぼくの弱点を述べ、がんばれよと言ってくれた。Ⅰ先生は受験当日の算数の支えに、そして心の支えになってくださっていたと思う。

国語のY先生のアドバイス通りに日進の見直しをして、Ⅰ先生の黄本の見直しをしただけで相当な力になったと思う。ぼくはたいへん呑気なので、少し復習をサボることもしたが、遅れてもがんばってついていったことが、ぼくの力になったのだと思う。

理科は、東大寺学園中の赤本をしっかりしていても、友だちにはやはり勝てず、それでも、他の教科の足を引っ張らないぐらいにしようと思ってがんばってみると、日進で上位をとれるようになった。
ただ、「がんばる」ということを具体的に言えば、日進で全くわからなかったところを二回程度したり、「アインシュタイン」で苦手な単元をもう一度したりということに過ぎなかった。東大寺学園の受験本番で、ほとんどわからなかったということからすれば、ぼくの勉強方法はみなさんには、あまり参考にならないかもしれない。

社会は、日進でも良い成績をとれたし、授業の方でもがんばっていたと思う。ただ一つ特別なことをしていたとすれば、苦手なことをわかりやすいようにまとめて、それをノートに記しておくといったことくらいだ。それは、友だちがしていたことを真似ただけで、先ほどの理科の勉強方法も同じだった。でも、それがぼくの勉強方法だった。何よりもいいやり方だったのだ。

勉強方法も知らない、こんなぼくでも東大寺学園中に合格できたのは、先生方のおかげだと思う。成基学園にはいい先生がたくさんいて、ぼくのような者でも合格できるようになっていると思う。だから、先生方のおっしゃったことをきちんとすれば、難関校に合格できるのだ。

ぼくの教室には、国語も算数も理科も社会もできる人がいて、うらやましかった。その人に勉強方法を聞いてみると、復習を何回も何回もしているそうだ。それも真似てみようと思ったが、不可能だと思い断念した。ぼくの経験からすれば、無理なことはしない方がいいのだ。

宿題に関して言えば、ぼくは、するのを忘れるということではなくて、持ってくるのを忘れることが非常に多かった。持ってくるのを忘れれば、提出するのが遅れ、提出するのが遅れれば、先生に見てもらえなくなり悪循環になるので、持ち物はしっかりと確認した方がいい。

これは未来のぼくにも言えることだが、勉強を続けるということほど難しいことはないし、また、大切なことはないというのがぼくの意見である。
四月からのぼくにこそ、このことを言いたい。