受験生と保護者の「第一志望こだわり」体験!

基礎が固まって初めて、入試問題を解くための基盤ができる

僕の将来の夢は、土木工学の技術を習得して、それを用いて様々な物を造り、人々の豊かな生活の手助けをすることです。自分の進みたいと思った大学、学科に入れることが決まった今、自分の夢に一歩近づけたと思いました。そして、僕はとても満足しています。
しかし、ここにたどり着くまでには、長い道のりがあったように思います。

僕は、高校に入学してから十一月頃まで、ほとんど勉強はせずに過ごしてきました。だから、成績はとても悪かったです。東進ではない塾に通っていましたが、部活の後の授業だったので、集中して授業を聞けていませんでした。
そんな時、東進を薦められたので、一年の十一月から東進に通うようになりました。

東進に入ってよかったと思ったことがいくつかあります。
まず、一週間に一回の面談で課題が与えられたので、毎日勉強する習慣が身に付きました。また、面談では、同じ志望校の生徒がどれくらい勉強しているかを見て、自分のやらなければならない量を知ることができました。
次に、東進の映像の授業は、僕にとって本当によかったです。自分の都合に合わせて授業が見られたのがよかったです。映像の授業は、能動的に授業に臨むことができたし、一時停止することも可能なので、聞き逃したり、板書が写せなかったりすることもなく、非常に効果的だったと思います。
このような東進のシステムのおかげで、僕の成績は向上し、二年の冬には見違えるほどになりました。そして、三年になっても順調に向上していくことを期待していました。

しかし、三年に入ると成績は急に下がり、E判定やD判定も頻繁にとりました。夏休みで挽回しようと思っていましたが、文化祭の練習があって、思っていたほどできませんでした。夏の個別大学模試もできは悪く、その時期は志望大学を変えることも検討していました。
いずれにせよ、成績を上げることが必要だったので、秋からは規則正しく生活し、一日の勉強時間も決めて、本格的に勉強しました。
それが良かったのか、秋の個別大学模試は、夏よりもだいぶ良かったです。そして、冬休みも同じように規則正しく生活し、やがてセンター試験を迎えました。
センター試験は、ボーダーより十五点近く下回り、志望大学を変更することも考えましたが、他の大学でもボーダーを下回り、結局、自分の希望の大学に出願しました。
その後は、追い込まれたという感覚があり、とにかく集中して勉強することを心掛けました。

合格までの道を振り返ると、苦しかった時期が思い出されます。
成績が伸び悩んでいた秋と、センター試験から二次試験までの間はとても苦しかったです。それでも黙々と勉強し続けていたことが合格につながったのだろうと思います。
そして、焦らずに基礎の問題から取り組んだことも良かったことだと思います。基礎が固まって、初めて入試問題を解くための基盤ができました。
東進のチューターの方や校長先生から基礎ができれば合格できるということを聞いていましたが、それが本当であることを実感しました。
これから入試に挑む方は、焦らずに基礎の問題を解くことが重要だと思います。そして、成績が不安定で苦しくなる時期もあるだろうと思いますが、最後まで志望大学を変えずに、淡々と勉強することで、着実に実力を付け、合格に向かっていってほしいと思います。

最後に、東進の講師の方々やサポートしてくださった校舎のスタッフの方々に、心から感謝の意を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。