受験生と保護者の「第一志望こだわり」体験!

父の支えがあったからこそ、前に進むことができた!

ぼくが成基学園に入塾したのは五年の九月でした。
そもそも中学受験をすることになった理由は、地元の公立中学で自分の目標としている大学に行けるかどうか不安になったためです。
四年生の時は、本屋などで中学受験の問題集やドリルを買って父と二人で受験勉強をしていました。その時の目指していた学校は、公立の中高一貫校でした。五年に入り成基学園のオープンテストや春期・夏期の講習会だけに参加していました。家庭学習でできるだけのことはやってのぞんだオープンテストなどの結果は惨たんたるものでした。その結果を見て家庭学習に限界を感じたため成基学園に入塾することに決めたのです。

入塾してからは、周りの塾生に追いつくために自分が入った時には終わっていた五年前期の理科と社会を、成基学園のテキストを使って自主学習していました。成基学園の宿題と前期の自主学習との両方で毎日が埋めつくされて、つらい時もたくさんありました。結局ひととおり終わるのに、六年の春までかかりました。
そして翌年の五年の総合テストで、洛南高等学校附属中学校を第一志望校とすることにしました。

六年の六月に日曜進学教室が開始され、同時にスーパー特訓にも行くようになりました。そこで多くの同じ学校を目指す友だちができました。特に、コスモ成基学園で同じクラスメイトであったSくんは、ぼくの友だちであり目標でもありました。Sくんに追いつくためによりいっそう勉強しました。また、夏の合宿は特に多くの友だちができました。その後のスーパー特訓でも、ほとんど知っている人ばかりいるので安心して勉強ができるようになりました。

試験が近づいてきてだんだん緊張が増してきました。試験が迫った冬期講習会では、基礎から応用まで全てもう一度見直しました。
正月特訓が始まりいよいよ入試だなという気持ちになりました。この時点でやれることは全部やった気になっていました。そして、ぼくが合格するためには、ケアレスミスを最小限に抑えることが必要不可欠だということを感じていました。

一月九日、ついに前受験である土佐塾中学校を受験しました。試験会場に入って他の塾の人たちを見たときは、全員自分よりかしこそうな人ばかりだと思いました。試験が始まり、国語の時、問題用紙のページがバラバラになりパニックになりました。今までなったことのないぐらい緊張して文章を冷静に読むことができなくなりました。パニックになったのが最後の方だったのでよかったです。他の教科は、今までやったことのある問題などが多数あり、何とか解き終わることができました。自分の得意教科であった国語で少し足をひっぱる結果となったのは残念でした。

一月十五日に第二志望校である洛星中学校を受験しました。試験会場に入っても土佐塾中学のような緊張はなく、自分の雰囲気を出せていたと思います。試験が始まってもそれは変わらず、全教科冷静に解くことができました。洛星中学校入試の感触はよかったです。

一月十七日いよいよ第一志望校である洛南高附中を受験しました。その時には、土佐塾、洛星、どちらの中学校にも合格していたのでチャレンジするという気持ちで試験にのぞみました。全教科難しく余裕はありませんでした。時間ぎりぎりまでかかり何とか解き終わることができました。やるだけのことはやった、これでダメならしかたがないと思いました。

これがぼくの中学受験です。やり終わって結果的にすべての受験した中学校に受かることができてとてもうれしいです。

今、一番感謝したい人は父です。小学校で友だちが放課後遊んでいるのを見て、最初のころはうらやましさがあり、とても勉強がいやになって受験をあきらめようと思ったことが何回もありました。その時、もう一度受験を続けるように言ってくれた父に今、一番感謝したいです。

後輩のみなさんにぼくが言える合格の秘訣は、とにかく基礎から見直すことです。得意教科であっても基礎から見直すことで忘れていたことなどが見つかります。ぼくは、各教科のテキストや問題集などは、数えきれないほど見直しました。何度も同じ問題を解くのは、めんどうくさいことですが、新たな問題を解くよりは、意味のあることだと思っています。
特に洛南高附中に合格するための秘訣は、国語はことわざや慣用句などを自分なりの勉強法でしっかり覚えることです。算数は、計算問題は出る年がほとんどなので、計算力をつけておくことです。理科と社会は、配点が低いので苦手な人は平均点をとれるようにがんばってください。以上、ぼくがえらそうに言えることではありませんが、参考までに書きました。
それと、ケアレスミスがぼくの場合は多かったので、今までのケアレスミスを一枚の表にまとめ、下敷きにしました。それを試験の直前に見てチェックしました。

中学に入ったら、そこからまたゼロからのスタートなので、気をひきしめてがんばっていきたいと思います。