読書感想文2017
2017年度 読書感想文コンクール≪総評≫

 「宝島の海賊たちが盗んだ財宝や、カリブ海の底に眠っている宝物よりも、本には多くの宝が眠っている。そして、何よりも、宝を毎日味わうことができるのだ。」

 これは、ミッキーマウスの生みの親であるウォルト・ディズニーの言葉です。彼はさまざまな苦難に直面しますが、あきらめずに夢を追いかけ続けました。彼が「すべては夢見ることから始まる」と言ったように、彼を突き動かしたのは、まさに夢の力でした。きっと、彼はたくさんの本から抱えきれないほど多くの宝物を探し当てていたのでしょう。
 そう考えると、本を読むということはとてつもない宝探しなのかもしれません。太古の昔から現代まで、世界中の頭のいい人たちが考えた思想や、人生をかけた研究の成果など、ありとあらゆる英知を知ることができるのです。(ということは、図書館は「宝の山」ということになりますね!)
 ウォルト・ディズニーは自信と勇気を持って努力を続け、とうとう描いていた夢を実現させます。そう、みなさんも大好きなディズニーランドです! ディズニーランドは、まさに彼の夢そのものだったのです。
 みなさんも大きな夢を見つけるため、本という大海原へ、冒険の旅に出かけてみましょう。そして、どんな冒険をしたのか、みんなに伝えてみましょう。それが読書感想文です。上手く書こうなんて思わなくていいのです。一つひとつの作品が、みなさんの冒険の記録となって、「偉大なる航路」の道標になるのですから。

 さて、今年の読書感想文コンクールも、力のこもった作品が多数寄せられました。その中でも、はっきりとした「道標」だと感じられた作品を各学年8作品ずつ選びました。このホームページには、優秀賞、入選の三作品が掲載されています。成基学園で共に学ぶ友達の「偉大なる航路」にぜひ触れてみてください。
 みなさん、たくさんのご応募、本当にありがとうございました!

応募総数

ウカル君